読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼちいこか

子育て、家族旅行、趣味など、日常を日記的に更新します。

ゲリラ豪雨でiPhone6sが水没して故障、画面に何も表示されなくなりました・・・


スポンサーリンク

こんにちわ

本日、残念なことがありました。たいへん悲しいですね・・・。

夕方ぐらいに、東京でゲリラ豪雨がありました。妻が帰宅途中で外にいて、一瞬で全身が濡れるぐらいの雨にあってらしいです。カサをさしていたけど、全く意味なし。完全アウトです。

妻のポケットに入れていたiPhoneもびしょ濡れ。取り急ぎ、画面を確認したらちゃんと動作していて画面が表示されていたらしく、ちょっと安心したらしいです。

とりあえず急いで自宅に帰り、頭や体を拭いてからiphoneを確認したとのこと・・・。

この状態でしばらくして僕が自宅に帰宅して、一部始終を聞き、濡れてしまったiPhoneを手渡されました。

よく画面を見てみると、ちょっと画面が薄く見えます。指で画面をタッチすると、どうも上部の反応が悪いような気がします。

画面の右上のバッテリー表示のあるあたり、よーく見ると薄く何かの影が写っています。染みこんだ水だとすぐに分かりました。

全くバックアップ取ってなかったので、大量の写真データが消えるのはマズイと思って、慌ててバックアップの準備です。まず、PCの空き容量が無いので、すぐに不要ファイルを削除、または他ドライブに移動して、60GBほど容量を確保。itunesも入ってなかったので、すぐにインストール。

そして、PC側の準備が終ったのでiphoneをPCに接続しました。ところが、何回もLightningケーブルを外したり差し込んだりしたけれど、ドライバインストールで失敗。ちゃんと認識してくれません。

そのうちiphone側でも、”このアクセサリは使用できません”とメッセージが出るようになってしまいました。これがマズかったんですね・・・。

なんとなくマズイ状況だったので、一度手を止めて、水没時の対策をネットで検索しました。

そうすると、電源を落とすとか、充電したらダメとか、すぐにSIMカードを取る、などなどいくつか実施したほうがいい事が分かりました。

バックアップに焦ってPCに繋いだということは充電していることになるので、慌ててケーブルを抜きましたが、実はこの時すでに画面には何も表示されていなくて、ボタンを押しても全くの無反応状態。

取り急ぎ、SIMカードを抜いて、今更手遅れかなと思いつつも、SIMトレイの差込口やLightningケーブルの差込口、ヘッドフォーンの差込口など、ティシュを差し込んで水分を吸い取る努力をしました。

現状では、何やってもiphoneは反応無しです。
アップル正規サービスプロバイダに持ち込んだら、恐らく本体有償交換となってデータ復旧はあり得ないですから、正規でない店に持ち込むしか復旧の可能性がないんですかね、きっと・・・。

かなりの量の娘の写真データが入っている状態なので、かなりマズイ状況です・・・。 なんとか復旧してあげないといけません・・・。