読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼちいこか

子育て、家族旅行、趣味など、日常を日記的に更新します。

夏の旅行、今年も北海道(道東)に行きます(その3)


スポンサーリンク

こんにちわ

前回、今年も行く夏休みの道東旅行について、金額の話ばかりしてしまいましたが、そもそもどこに行くのかを書いてみたいと思います。 www.bochibochi-icoca.com

■4年間必ず宿泊している「トマム ザ・タワー」

トマムは、新千歳空港よりも帯広空港のほうが近いです。でも道東道使うと90分ほどで行けちゃいます。飛行機の便数や値段を総合的に考えると新千歳空港から移動するほうが自由度が高くて良いと考えます。ちなみに20年ほど前はこんな便利な高速道路がなかったので、厳しい峠を走ったものですね。

宿泊するホテルです。今年で5年目になります。
ザ・タワー|星野リゾート トマム【公式】|グリーンシーズン

でもね、トマムって何も無いですね。なぜこのホテルが人気で予約取れないかよくわかりません。温泉、プール、食事など何かやる毎に、ホテル間をたくさん歩くか、巡回バスに乗らないといけなくて、結構面倒くさいです。とは言っても毎年僕も行ってますが。

1点たいへんお勧めしたいのは、ミナミナビーチというプールです。とても大きくて、30分に1回人工的に発生する大きな波が楽しいです。これを体験するために毎年行っていると言っても良いかもしれません。娘も大喜びです。

■10年間毎年宿泊している養老牛温泉「湯宿だいいち」

プールで疲れた体で、睡魔と戦いならがトマムから3時間ぐらいかけて頑張って到着します。これが毎年キツイな。

養老牛温泉も、何もないですね(笑)トマムより、もっともっと何もないです。毎年心の洗濯をしに行く感じですかね。

湯宿だいいちさんは、毎年行きたくなって必ず連泊しています。この宿は本当にお勧めですよ。
つかず離れずの適度な距離感の素晴らしい接客、そして料理が食べきれないぐらいの量で、たいへん美味しいです。じゃらんるるぶなど、旅行サイトの口コミでも高評価ですね。

大きな野生のシマフクロウを餌付けしていて、本格的な機材を持って撮影に来られてる方もたくさんいらっしゃいます。

周りは、本当に何もないですけれど、毎年この宿を拠点に、知床方面や釧路、鶴居村、屈斜路湖、摩周湖、開陽台など周辺スポットを回ることにしていますね。

とは言っても、毎年毎年本当に同じスポットにばかり行くのでやや飽きて来た感は否めません。なので、毎年少しずつ変化を加えるようにしています。

例えば、昨年は知床羅臼でクジラを見ることができるクルージング知床ウトロでヒグマを見るクルージングを事前予約して見に行きました。

クジラのクルージングはなかなかエキサインティングで面白かったです。今年も行ってもいいかな、って思っています。

宿は全ておさえたので、これからじっくりと何をやったら楽しいか考えて予定を立てて行きます。