読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼちいこか

子育て、家族旅行、趣味など、日常を日記的に更新します。

2015年モデル以降のMacBookProは、BootCampでWindows7が使えなかった・・・。渋々Windows10を入れました・・。


スポンサーリンク

先日購入した整備済製品MacBookProに、BootCampでWindows7を入れようとしたら、インストール出来ないことが分かりました・・・。

元々MacBookProを持ってはいたけれど、でも結局BootCamp上でWindowsを使っていたんですよね。

もちろん新しく買ったMacBookProにもWindowsをインストールしようとしたら、いくら頑張ってもWindows7がインストール出来ない。

頑張ってという表現は、嘘ですね・・・。
BootCampの冒頭でWindowsのISOファイルを指定する場面があって、ここでWindows10以降しかダメって弾かれて先に進めない。頑張りようがなかったです。 どうもこうも足掻くことさえ出来ない状況・・・。

ちょっとネットで調べれば、ちゃんとあるじゃあないないですか、、、。
support.apple.com

なんと、MacBookPro(Retina, 13-inch, Early 2015)は、Windows7には対応していない事がしっかり明記されていました・・・。

ちゃんと調べればよかった。ていうか、まさか対応しなくなるなんて夢にも思わなかったですよ。

まぁ、諦めて仕方がなくWindows10を用意して、インストールしました。

MacBookProでBootCamp上にWindows10をインストール

でもね、BootCampからWindows10をインストールしていて気がついたことがあります。

めっちゃ簡単になっていました!!
Windwos10のISOファイルをMacBookProのディスクに保存すれば、BootCampからISOファイルを選択後にパーティションサイズだけ決めてあげれば、後はほとんど自動的って感じです。
ドライバもディスク上に勝手にダウンロードされてUSBメモリも不要だったのは驚きです!!

MacBook Pro (13-inch Retina Late 2013)に、BootCampからWindows7をインストールする際は、USBメモリが必須でした。しかも、なんとUSBメモリはUSB3だとインストールの途中で止まってしまうので、かなり困りましたよ。

何度やり直しても出来なかったので、無知だった僕はアップルストア銀座のジーニアスバーにも駆け込みました。要は、WindowsのインストーラがUSB2のドライバしか認識出来なかったんですよね。 なのでインストール途中で止まってしまうんです。当時はネットにもそんな情報は落ちてなかったから、本当に困りましたよ。

でも今回は、ちゃんとUSB2を手元に置いてしっかり準備していたのにサクッとインストール出来てしまったことにびっくりしましたね。

僕はWindows10でも使えないことは無いので大丈夫でしたが、もしもどうしてもWindows7が使いたい、っていう人は要注意です。
MacBook Pro(Retina, Mid 2014)までは対応していて、それ以降は未対応ですよ!!

ていうか、もしかしてそんな事誰でも知ってることなのかな???