読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼちいこか

子育て、家族旅行、趣味など、日常を日記的に更新します。

BeatsX使ったみた感想。AirPodsと比較して一長一短あるけれど、AirPodsのほうがオススメです!


スポンサーリンク

昨日BeatsXをつい勢いで買ってしまいました。
せっかくW1チップ搭載のワイヤレスイヤホンが手元に2つあるので、AirPodsと比較しようと思います。

www.bochibochi-icoca.com

今日は、1日BeatsXを使ってみました。
結論、僕はAirPodsのほうが使いやすいかな。

  • BeatsXの良いところ
    - 手元で、音量調整が可能
    - AirPodsよりやや高音がはっきりして、全体的に明るい(軽い)
    - 黒色も選択できる(白以外、グレー、青色も嬉しい)
    - 充電は余裕、切れる心配は全くない
    - コードがついているので、まず落ちない、無くさない
    - アップルミュージック無料三ヶ月の権利が手に入る
    - 歩かずに静止している時は、確かに全く雑音が聞こえずによーく音楽が聞こえます(要は、カナル型の特性)

  • BeatsXのイケてないところ
    - コードが微妙に長い(もう少し短いほうが良いかな。)
    - コードが微妙に重く感じる
    - コードが服に擦れる音が伝わって雑音として聴こえる(タッチノイズがかなり大きく思える)
    - マフラーとかコートがコードに引っかかり耳から引っ張っられてイヤホンが抜けそうになる
    - カナル型全般かもしれないが、自分の足音がすごく響いて聞こえてくること
    - いちいち電源オンしないといけないこと(逆に、AirPodsの自動電源オンはすばらしい!)

しばらくAirPodsを使ってたのでコード無いことに慣れすぎたからなのか、BeatsXのコードの存在がかなり邪魔に感じます。

音質もAirPodsがBeatsXよりも劣っているとは思えないです。結局は好みの問題なんでしょうね。


ペアリングは簡単だったので、紹介しておきます。
iPhoneの近くでBeatsXの電源をオンにすれば、iPhoneが反応してくれます。 この時、電源ボタンを1秒とマニュアルに記載があるけれど、心持ち長めに押さないといけない気がします。

iPhoneの近くでBeatsXの電源を入れます!

接続を押せば、ペアリングはサクッと完了します。

BeatsXのペアリングは、サクッと簡単です。

こんな感じで、どのイヤホンに出力するのかを選択するようになります。

AirPodsかBeatsxか、どっちに出力するか選択可能

何気に、BeatsX用のアイコンがあるんですね。AirPodsのアイコンとは少し違いがありますね。


僕は、AirPods派になってしまっているかもしれないけれど、AirPodsかBeatsXかどっちを買おうかと迷っている方々の参考になればと思います。

今からAirPodsは予約すれば4月頭納期のようですが、BeatsXは3月頭予定です。 こちらの方が早期に入手できそうですよね。