読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼちいこか

子育て、家族旅行、趣味など、日常を日記的に更新します。

中学生二人の自殺、品川区で発生した事件


スポンサーリンク

こんにちわ
さっきネットでニュース見てたらショッキングなニュースを見つけました。中学2年生の女の子二人が手をつないで、一緒に電車に飛び込んだって。

品川区だと近いし、東急大井町線の荏原町って良く分かる駅で、すぐそのへんで発生したことですから、たいへん驚いています。

ご両親には本当に気の毒としか言いようかありません。子供がこんな事になったら、どんな心中であるかなんて、僕には想像することも出来ない。

ウチにも9歳になった小学生の娘がいるので、とても他人事とは思えません。妻とも話しましたがそんなことになったら気が狂ってしまうと言ってます。そんなこと考えたくもありませんしね。

多感な年頃で、人間関係の悩み、同情して一緒に、など記事が出てますけど、何故こんなことになったんだろうか。本人達にしか分からないだろうから、本当の理由なんてわからないんだろうけど、出来る限りでも原因は知りたいですね。

ウチの娘は本を読むのが大好きです。よく本屋さんに行ったりするんだけど、3月だったか「12歳」という題名の本が面白そうで買ってほしいと駄々こねられたので、2、3冊買ってあげました。

この本、娘曰く恋話らしくて、(ていうか恋話って言う単語がわかることも驚きましたが、)調べてみると生理が始まったり、体の変化・心の変化があったりで、もっとも多感な時期を描いた作品なんだって。

少し本を読んでみたら、ちょっと気恥ずかしくなるような事が書いてあって正直まだウチの娘には少々早くて読ませたくない感じです。もう読んじゃったから遅いんですけどね・・・。

この本、こっそりともう少し読んで見ようと思いました。今回発生した事件で、やはり自分の娘の事を考えてしまいますから、多感な年頃は何を考えて行動するのか、娘がこれからどのように変化していくのかを考える参考になるかもしれないなと思います。

事件の解明、原因を早く知りたいですね。自分の娘の事ばかり考えて申し訳ないけれど、対策を考えておきたいです。